レビューの記事一覧

商材情報

グローバルドリームFX(Global Dream FX)

・商材名:グローバルドリームFX(Global Dream FX)

・販売者:クロスリテイリング株式会社、松野有希、北田夏己

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:49,800円

グローバルドリームFX(Global Dream FX)とは

 

今回検証するのは、クロスリテイリング株式会社

北田夏己氏の手がける、

グローバルドリームFXというFX裁量手法です。

 

 

 【特徴1】357戦352勝 勝率98.5%

 【特徴2】世界一カンタンなFXの稼ぎ方

 【特徴3】年間20,000pipsの利益実績

 【特徴4】基本ルールはローソク足2本だけ

 

 

本日は楠がレビューを担当していきます。(^^)/

 

怒涛の勢いで新作を発表し続ける

クロスリテイリング株式会社より、

最新のFX商材がリリースされました。(^^)b

 

すでにネット上で話題になっているので

ご存知の人も多いと思いますが…

 

今回の手法は、年間20,000pips

勝率98.5%という驚異的な記録を

叩き出している手法と謳われており、

 

講師は北田式 1分スキャル・シークレットクラブや

勝利の黄金シグナルを発表してきた北田夏己氏です。(^^)/

 

⇒【北田式 1分スキャル・シークレットクラブ【検証・評価】レビュー

 

⇒【勝利の黄金シグナル【検証・評価】レビュー

 

北田夏己氏のオファーは当検証ブログでも

検証を行ってきましたが、正直なところ

 

“是非おすすめできます!”

 

というものはありませんでした。(^^;

 

 

さらに、レターでは極めて優秀な成績や

『誰でも簡単に稼げる』と思わせるような

謳い文句が掲載されているのが

この会社の大きな特徴ですが、

 

北田夏己氏の過去の2つのオファーについて

購入者の評判はあまりいいものではありません。(^^;

 

 

とはいえ、業界内でもトップクラスの

ネームバリューを持ったクロスリテイリング株式会社ですから

今回のグローバルドリームFXを購入した、

もしくは購入を検討しているという方が多いので

今回は購入価値があるのか、検証していきたいと思います。

 

 

グローバルドリームFXは北田夏己氏オリジナルのプライスアクショントレード

 

レターに記載されている手法の説明からわかるように

グローバルドリームFXは北田夏己氏オリジナルの

ライスアクショントレード手法です。

 

 

値動きを意味するプライスアクションは、

その名の通り“価格の動き”に注目する手法ですね。(^^)b

 

多くはローソク足1本から注目し、

連続した数本のパターンから分析して

売買の判断を行っていく考え方です。

 

チャート分析の基本的な考え方のひとつですねぇ。

 

日本では本間宗久氏の酒田五法が有名ですが

これもプライスアクションの一種です。(^^)

 

 

そして、今回のグローバルドリームFXでは

北田夏己氏が分析の結果見つけ出したという

『ローソク足2本』のあるパターンから

トレンドを判断していくものとなっています。(^^)b

 

レター上では、北田夏己氏が見ている

ローソク足のパータンについて

具体的な説明がされていませんが、

 

『ローソク足2本を使ったO-ロジック』

『ローソク足3本を使ったI-ロジック』

『爆発的利益を生み出すサードロジック』

 

の3つのルールがあるとのこと。

 

 

O-ロジック、I-ロジックが基本ルールで

シンプルに指定のローソク足パターンを見つけ

エントリーポイントを判断していく手法で、

 

サードロジックは応用手法となっていて

ローソク足以外のインジケーターを使い

より大きな利益を狙う決済ポイントを

判断する手法とのことです。(^^)/

 

レターにそれぞれのロジックの解説動画がありました。

 

 

 

 

 

どうでしょう?

 

この説明でイメージがつきますか?(^^;

 

私は正直、説明がざっくりし過ぎてて

不親切だなぁおい…って思っちゃいました。苦笑

 

どちらにしても、実際にマニュアルを購入してみないと

北田夏己氏が見ているローソク足パターンはわかりません。

 

 

グローバルドリームFXの評価・感想

 

そうそう、グローバルドリームFXは

15分足をメイン(デイトレード)に分析する

プライスアクション手法です。

 

そして、推奨通貨ペアはドル円、ポンド円、ユーロ円、

ユーロドル、ポンドドルの5通貨ペアとのこと。

 

その上で月のエントリーチャンスは500回~1000回だそうで、

1日の間にチャートと向き合うのは5分~10分程度だそう。

 

 

勝率や年間獲得pips、エントリーチャンスや

『ローソク足2本だけ』という北田夏己氏の

謳い文句がすべて事実だったとしたら、

 

FX至上、最もシンプルかつ単純であり

FXの歴史を覆すような勝率と

利回りを実現した手法と言えますが…(-_-メ)

 

 

やっぱりプライスアクションである以上、

北田夏己氏の提唱するローソク足パターンに

優位性があるかないかが重要なカギになってきます。

 

周知の通り、プライスアクションは

ローソク足の値動きがノイズとみなされない

長期足で分析するのが一般的です。

 

むしろ、長期足でなければ

ローソク足のパターンに優位性はないとされ、

短期足の値動きは単なるノイズと判断されます。(^^;

 

 

つまり、北田夏己氏の今回の手法は

“ノイズ”の中から優位性の高い

ローソク足パターンを見つけ出す手法

ということになりますねぇ。

 

正直、私は短期足のプライスアクションに

優位性は感じませんし、

グローバルドリームFXのレターで

パターンに関する詳しい説明がない時点で

大丈夫かなぁこれ…と思ってしまいました。(^^;

 

 

年間20,000pips、勝率98.5%などと

桁外れの優秀な成績を謳っていますけど、

過去の2商材の“二の舞”にならなければいいのですが。苦笑

 

 

グローバルドリームFX(Global Dream FX)・総合評価

 

【今井の評価 ⇒ -点/楠の評価 ⇒ 50点/吉村の評価 ⇒ -点

グローバルドリームFX(Global Dream FX)

【総合評価】…“要検証商材

 

今の段階では北田夏己氏のローソク足パターンに

優位性があるかどうかはわかりません。(^^;

 

本当にロジカルな理論に基づいて

考案されたパータンであれば、

もう少し説得力のある解説ができるはずですし、

なんだか私には

 

『ローソク足2本だけ見れば稼げるようになるから

 みんなこの商材を買ってね!』

 

と言っているだけにしか見えないです。(^^;

 

 

ちなみに、レターには北田夏己氏の

運用実績の取引履歴が掲載されていますけど、

編集&編集で詳細は確認できません。(-_-メ)

 

なぜか大幅なモザイク処理もされてますし…。

 

 

パターンの詳しい説明もなければ、

北田夏己氏の分析の優位性もわからない、

公開されている実績も編集だらけなので

やっぱり今回も期待しないほうがよさそう。(^^;

 

ということで、グローバルドリームFXは

要検証商材と評価しておきたいと思います。

 

 

今回の検証は以上になります。

 

私が検証する商材以外にも気になるものがありましたら

リクエストして頂ければと思います。

 

■商材検証リクエストはコチラ

【お問合せフォーム】

 

本日はありがとうございました。

 

また、当検証ブログでは〝投資商材&証券会社〟に関する最新情報

トレンドのFX攻略ノウハウ、オリジナル市場攻略必勝法などのニュースを

無料メールマガジンで定期配信させて頂いております。

 

最新の市場情報を入手し、トレードに活用して頂ければと思っておりますので

メルマガの購読をご希望される場合は以下のバナーをクリックし、

メルマガ登録フォームからご登録下さい。

メールマガジン登録フォーム

 

 

商材情報

グローバルドリームFX(Global Dream FX)

・商材名:グローバルドリームFX(Global Dream FX)

・販売者:クロスリテイリング株式会社、松野有希、北田夏己

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:49,800円

関連記事

 

■評価・カテゴリー

推薦商材

優良商材

要検証商材

注意商材

要注意商材

 

■商材購入相談はコチラ

【お問い合わせフォーム】

FX【商材検証】

商材情報

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・商材名:元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・販売者:合同会社クリプロ 谷中伴行

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:あり

・販売価格:30,000円

仮想通貨アービシステム『T・F・A』【優位性・検証】レビュー

仮想通貨アービシステム『T・F・A』【検証・評価】レビュー

 

マニュアルを購入したので暴露レビューしたいと思います

 

前回に引き続き吉村がレビューを担当していきます。

 

これまで2度に渡って検証を行ってきた

谷中伴行氏の仮想通貨アービシステム『T・F・A』ですが、

現在販売されているアービトラージシステムの中では

特に期待できると判断したことから

実際にマニュアルを購入してみました。

 

マニュアルは専用の会員サイト経由で

PDFファイルによって提供されます。

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

 

コンテンツ内容は以下の通り。

 

・第1章 基礎知識編

・第2章 口座開設編

・第3章 システム設定編

・第4章 実践編

・第5章 マスター編

・スペシャル特典

 

 

第1章 基礎知識編は、仮想通貨や

アービトラージに関する基礎知識を学ぶ

初歩的なコンテンツとなっています。

 

ある程度理解のある人は

ざっと流し見程度で十分ですが、

初心者の方や初めて仮想通貨を扱う人、

アービトラージで初めて運用する人は

しっかりと目を通しておきましょう。

 

 

第2章 口座開設編では、

『T・F・A』で利用できる取引所の口座開設の手順説明です。

 

現時点でシステムを稼働できる取引所は

BTCBOX、Bitbank、QUOINEX、Binance、Bitfinexの合計5社。

 

アービトラージですので利用取引所が多ければ多いほど

トレードチャンスが増え効率的に運用することができますが、

まずは様子見で運用してみたいという方は

最低2社のみの口座開設でシステムの運用を開始できます。

 

 

ちなみに、『T・F・A』で推奨されている

最低運用資金は1口座に対して0.02BTC。

 

つまり、約2万円相当分です。

 

2社のみの口座開設であれば4万円、3社であれば6万円、

5社すべてであれば10万円の資金を用意することができればOKです。

 

この辺を考慮して

いくつ口座を開設するか検討してもいいでしょう。

 

 

第3章 システム設定編では、

『T・F・A』のシステムを稼働するにあたっての

初期設定に関する解説となっています。

 

まずはシステムのアカウント登録を行い、

管理画面へログインします。

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

管理画面へログインしたら、

通知メールを受信するメールアドレス、

取引数量、乖離エントリー価格を入力し

アービトラージを行う取引所を選択します。

 

これだけでシステムと各取引所の連携が完了となります。

 

特別難しい作業ではありませんし、数分で設定完了できます。

 

ちなみに、こちらの管理画面では

口座残高(JPY、BTCの残枚数に表示)、

過去取引の回数と詳細履歴を確認することがでます。

 

 

第4章 実践編では、いよいよ具体的な

実践手順についての解説です。

 

『T・F・A』のアービトラージロジックは

いわゆる“送金”するタイプの手法ではなく、

それぞれの取引所で売買を完結させる手法です。

 

取引所Aで1BTC「5万円」の時に

取引所Bで1BTC「4万円」という価格差が出ていたとします。

 

一般的なアービトラージの場合、

取引所BのBTCを取引所Aへ送金して売ることで

1万円の利益を得るというものですが、

 

『T・F・A』のロジックでは取引所間の送金を行わず、

取引所AでBTCを売り、取引所BでBTCを買います。

 

本来同じ通貨ですから、1万円の価格差は

収束していきますので、

両取引所のBTCの乖離が収束したところで

それぞれ逆エントリーし決済します。

 

 

上記の例で例えれば、

取引所Aで1BTC「5万円」を売り、

取引所Bで1BTC「5万円」を買います。

 

いずれの価格が4.5万円になったところで

決済することで、5千円×2の利益=1万円の利益を

得ることができるというわけです。

 

 

結局1万円の利益を得られるなら、

どっちのアービトラージでもいいんじゃないの?

と思う人もいるかもしれませんが、

送金をするしないではリスク面で大きな差が生まれます。

 

まず、送金をするアービトラージでは

送金の際に手数料が発生します。

 

1万円の価格差が開いていたとしても

実際の利益は送金手数料を差し引いた金額になります。

 

さらに、取引所間の送金には

着金するまでに早くても数十分の時間がかかります。

 

もちろんその間にも価格差は収束していきますから

着金するころには1万円の価格差で

利益を狙うことはできなくなります。

 

また、最悪の場合、サーバーのトラブルなどで

送金から着金までに数時間かかってしまうこともあります。

 

こうなった場合、価格差が収束しているどころか

逆に価格が下落方向に進んでしまっていたら

着金した時点でマイナス収支が決定となります。

 

さらに送金手数料も差し引かれれるわけですから、

取引所間で送金するアービトラージは

リスクが高い方法であることがわかるかと思います。

 

 

対して『T・F・A』のアービトラージでは

送金時に発生するもろもろのリスクがないため

精神的にも金銭的にも安定した運用ができるというわけですね。

 

 

第5章 マスター編は、仮想通貨に関する

専門的な知識を学習することができるコンテンツとなっています。

 

第1章 基礎知識編が初級編であれば

第5章 マスター編は中~上級編という感じですね。

 

 

『T・F・A』は購入価値があるか?

 

さて、本日はマニュアルの内容をメインに

検証を進めてきましたが、

結局のところ『T・F・A』に購入価値はあるのでしょうか?

 

個人的な見解から言わせてもらえば、

仮想通貨アービトラージシステムの中では

安全かつ堅実な運用が実現できる

期待値の高いシステムだと判断しています。

 

 

アービトラージの場合、1度の取引における利益が

薄いという特徴がありますが、

開いた価格差は確実に収束しますから

理論上は「負けることがない」わけです。

 

もちろん、エントリー方向を間違ってしまったとか

そういうことがあれば損失になりますが…

 

価格乖離が発生していることを確認し、

しっかりとルールを守っていれば

毎回のトレードで

利益を得られる手法であることは間違いありません。

 

 

さらに言えば、『T・F・A』の場合は

送金時のリスク(送金手数料、価格変動)がありませんから

その面でも他のアービトラージよりも

安全に資産を増やしていくことが可能です。

 

利用する取引所の数にもよりますが、

マニュアル内で推奨されている取引所で

口座を開設すれば、1日あたり最大30回もの

エントリーチャンスに恵まれます。

 

 

常に各取引所のBTCの価格変動を

チェックしておかなくても、

価格差が開いたところで通知メールを受信できますから

効率的にアービトラージすることもできます。

 

そういったもろもろを考慮すれば、

仮想通貨アービトラージシステムの中でも

『T・F・A』であれば、安心して資金を預けられる

といって間違いないでしょう。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』・総合評価

 

【今井の評価 ⇒ -点/楠の評価 ⇒ -点/吉村の評価 ⇒ 70点

仮想通貨アービシステム『T・F・A』

【総合評価】…“要検証商材

 

【2018年11月26日検証】仮想通貨アービシステム『T・F・A』【優位性・検証】レビュー

【2018年11月20日検証】仮想通貨アービシステム『T・F・A』【検証・評価】レビュー

 

 

仮想通貨アービトラージシステムの購入を

検討しているのであれば、

『T・F・A』が最有力候補といえるでしょう。

 

アービトラージにつきものの

送金時のリスクの心配がないロジックに加え、

システムの設定も容易。

 

通知メールも遅延することなく

スムーズかつベストなタイミングで配信されます。

 

 

メールを受け取ったら

価格差が開いている指定の取引所で

アービトラージするだけです。

 

事前に利益を得られることが確定しているため

トレードすればするだけ

資産を増やしていけるのがこのシステムの強みです。

 

 

さらに、これまでの記事でもお話したように

『T・F・A』では谷中伴行氏による個別サポートや

全額返金保証も用意されています。

 

中には初めて仮想通貨で運用する人や

アービトラージ未経験という人もいるでしょう。

 

そういった人でも、元機関投資家である

投資のプロから直接アドバイスを受けながら

資産運用できるわけですから

非常に恵まれた環境が整っていると言えます。

 

 

また、返金保証に関してもそうです。

 

エントリー方向さえ間違わなければ

損失が発生することのない手法でありながら

万が一を考えて、マニュアル代金を

全額保証してくれる良心ぶりはさすがです。

 

仮想通貨のアービトラージということで

嫌煙してしまう人がいるのも事実ですが、

もしもこの手のツールで

優秀なものを探しているという方は、

一度『T・F・A』を手に取ってみることをおすすめします。

 

 

今回の検証は以上になります。

 

私が検証する商材以外にも気になるものがありましたら

リクエストして頂ければと思います。

 

■商材検証リクエストはコチラ

【お問合せフォーム】

 

本日はありがとうございました。

 

また、当検証ブログでは〝投資商材&証券会社〟に関する最新情報

トレンドのFX攻略ノウハウ、オリジナル市場攻略必勝法などのニュースを

無料メールマガジンで定期配信させて頂いております。

 

最新の市場情報を入手し、トレードに活用して頂ければと思っておりますので

メルマガの購読をご希望される場合は以下のバナーをクリックし、

メルマガ登録フォームからご登録下さい。

メールマガジン登録フォーム

 

 

商材情報

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・商材名:元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・販売者:合同会社クリプロ 谷中伴行

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:あり

・販売価格:30,000円

仮想通貨アービシステム『T・F・A』【優位性・検証】レビュー

仮想通貨アービシステム『T・F・A』【検証・評価】レビュー

関連記事

 

■評価・カテゴリー

推薦商材

優良商材

要検証商材

注意商材

要注意商材

 

■商材購入相談はコチラ

【お問い合わせフォーム】

仮想通貨投資, 仮想通貨投資【商材検証】

商材情報

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・商材名:元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・販売者:合同会社クリプロ 谷中伴行

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:あり

・販売価格:30,000円

マニュアル【検証・暴露】レビュー

仮想通貨アービシステム『T・F・A』【検証・評価】レビュー

 

期待の仮想通貨アービシステム『T・F・A』追加検証

 

前回に引き続き吉村がレビューを担当していきます。

 

現在出回っている仮想通貨アービトラージシステムの中でも

得に期待値が高いと判断している谷中伴行氏の『T・F・A』について

本日はさらに掘り下げて検証を行っていきたいと思います。

 

 

まず、このシステムの大きな特徴は

 

“常に価格差を監視する必要がない”

 

というところです。

 

 

仮想通貨アービトラージは2つの取引所間で

同一のコインに価格差が出ている場面を狙うもので、

 

『価格が安い取引所でコインを買い、

 価格が高い取引所でコインを売る』

 

という非常にシンプルな手法です。

 

予め価格差が開いているコインを

安く買って高く売るだけですから

確実に利益が得られるのがアービトラージですが、

 

その代わり、常に取引所間の価格差を

監視しておかなければなりません。

 

 

取引する業者や、その日のレート次第で

価格差が発生しやすい日もあれば

全く価格差が生まれない日もあります。

 

常にパソコンに向き合える人であれば

まだよいかもしれませんが、

兼業でトレードしている方などの場合

 

さんざん価格差を監視していたのに

全くトレードチャンスに恵まれなかった…

ということも珍しくありません。

 

 

トレンドに左右されることもなく、テクニカル分析も不要、

理論上は確実に利益になるアービトラージですが

時間的・精神的なストレスが

意外とかかってしまう手法でもあるのです。

 

しかし、仮想通貨アービシステム『T・F・A』を利用することで

価格差が発生した場合のみトレードできるようになるため

時間を無駄にすることなく、精神的にも

負担のない運用が可能となるというわけです。

 

 

先日のレビューでも説明したように

仮想通貨アービシステム『T・F・A』の

トレードルールはいたってシンプル。

 

トレード情報が記載されたメールが配信され

ユーザーは指定の取引所とコインでアービトラージを行うだけです。

 

 

 

『T・F・A』に限ったことではありませんが、

こういったシグナル配信システムを利用することで

時間に余裕のない兼業トレーダーでも

無理なくアービトラージで資産運用ができるわけですね。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』 実績の信ぴょう性

 

ロジックやトレードルールに関しては

前回の記事で具体的に説明していますので

まだ目を通していない方は以下の記事をご参照下さい。

 

⇒【仮想通貨アービシステム『T・F・A』【検証・評価】レビュー

 

 

価格差の生まれたタイミングで通知を受け取り

対象の取引所でアービトラージを行うだけという

極めて簡単な手法ですが、

問題はこのシステムにどれだけの優位性があるか?

というところでしょう。

 

 

この手のシステムは精度が命ですから、

より正確な情報を、いち早く通知してくれなければ

アービトラージのパフォーマンスを活かすことはできません。

 

アービトラージシステムの中でも

酷いものではシステムが正常に作動しなかったり

情報処理に時間がかかったり、

 

シグナルが配信されるころには価格差が縮まり

全く利益にならないどこか

トレードするだけ損をしてしまう場合もあります。

 

 

理論上、確実に利益になるといって

いち早く価格乖離情報を入手し

いち早くトレードを仕掛けなければ意味がありません。

 

では、仮想通貨アービシステム『T・F・A』の

優位性はどこで判断すればよいか?

 

 

その方法は、レターへ掲載されている

谷中伴行氏の取引口座のキャプチャです。

 

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

 

前回の繰り返しになってしまいますが、

仮想通貨アービトラージシステムで

ここまで信ぴょう性の高い証拠を提示しているのは

『T・F・A』以外にはないのが現状です。

 

 

多くのアービトラージシステムは

魅力的な数字や実績をうたっている割に

 

“リアルなフォワード実績”

 

を公開していないものが多く、

いざ運用を開始すると

全く機能しないものも少なくありません。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』に限らず

この手のシステムは、

実際に運用してみなければわかりませんが

少なくともレターで開示されている谷中伴行氏の

運用実績を見る限りでは

 

“期待値の高いシステムである”

 

と判断することができます。

 

 

少なくとも、現在販売されている

仮想通貨アービトラージシステムの中で

断トツで期待できるのが『T・F・A』

といっても大げさではないでしょう。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』は値上げするのか?

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』に

どれだけの期待値があるかは

だいたいおわかりいただけたかと思いますが、

レター内には若干気になる記述があります。

 

それは、

 

『ご購入者様の成績や実績次第で

 正規の価格へ戻す予定ですのでご了承ください』

 

という、販売価格の記載に関する部分の記述です。

 

 

現時点での仮想通貨アービシステム『T・F・A』の販売価格は

30,000円となっていますが、どうやらこの価格は

サービス提供を維持できる最低ラインの価格設定とのこと。

 

実際、レターにもこの価格で販売するこで

谷中伴行氏が利益を得ることはできないと記載されています。

 

 

販売者側が利益を考えず、サービス維持できる

ギリギリのラインで提供するということは

まずは低価格でシステムの優位性を

多くのトレーダー知ってもらいたいということなのでしょう。

 

実践者の成績次第で“正規の価格”へ戻すということですが

レター上では、その価格は記載されていません。

 

 

購入を検討している方にとって販売価格は

かなり気になるポイントだと思いますし、

値上がりするかしないか次第で

購入のタイミングも大きく変わってくるはずです。

 

当然、少しでも安く購入できたほうがお得ですしね…

 

 

そこで、販売価格について

谷中伴行氏へ直接問い合わせてみましたが

残念ながら、現時点では正規価格を

具体的に公表することはできかねるという返答をもらいました。

 

どちらにしても、30,000円という価格で

販売するのは今だけと考えているようですし、

多かれ少なかれ今後値上げされると思ったほうがよさそうです。

 

まぁ、谷中伴行氏のネームバリューや

公開されている実績情報などを見る限りでは

いい加減なシステムとは考えずらいですし、

購入を検討している方は値上げする前に

早めに購入してしまったほうがいいでしょうね。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』・総合評価

 

【今井の評価 ⇒ -点/楠の評価 ⇒ -点/吉村の評価 ⇒ 70点

仮想通貨アービシステム『T・F・A』

【総合評価】…“要検証商材

 

【2018年12月5日検証】『T・F・A』マニュアル【検証・暴露】レビュー

【2018年11月20日検証】仮想通貨アービシステム『T・F・A』【検証・評価】レビュー

 

 

本日はシステムの期待値の追加検証と、

販売価格の値上げの可能性について取り上げましたが、

仮想通貨アービシステム『T・F・A』では

谷中伴行氏による個別サポートや全額返金保証も用意されています。

 

公開されている取引口座のキャプチャ画像などの

証拠画像を見る限りでは、

システムの優位性は申し分ありませんし、

 

さらに元機関投資家から

マンツーマンで指導を受けられると考えれば

30,000円という価格は安すぎます。

 

 

もちろん、もしも結果が思わしくなければ

システムの利用を停止して

返金請求を行えばよいわけですから

参加者にとってリスクはほぼありません。

 

 

ひとまず、サービスの維持ができるギリギリのラインの

価格設定でシステムを提供するという

谷中伴行氏の姿勢からも相当な自信が伺えますし、

購入者にとって有利なサービス提供となっているといえます。

 

当検証ブログでも、

購入を踏まえて追加検証を検討していますので、

その際はブログ・メルマガにて

いち早く情報をシェアさせてもらいますね。

 

 

ということで、仮想通貨アービシステム『T・F・A』は

今回もひとまず要検証商材と評価しておきたいと思います。

 

 

今回の検証は以上になります。

 

私が検証する商材以外にも気になるものがありましたら

リクエストして頂ければと思います。

 

■商材検証リクエストはコチラ

【お問合せフォーム】

 

本日はありがとうございました。

 

また、当検証ブログでは〝投資商材&証券会社〟に関する最新情報

トレンドのFX攻略ノウハウ、オリジナル市場攻略必勝法などのニュースを

無料メールマガジンで定期配信させて頂いております。

 

最新の市場情報を入手し、トレードに活用して頂ければと思っておりますので

メルマガの購読をご希望される場合は以下のバナーをクリックし、

メルマガ登録フォームからご登録下さい。

メールマガジン登録フォーム

 

 

商材情報

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・商材名:元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・販売者:合同会社クリプロ 谷中伴行

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:あり

・販売価格:30,000円

マニュアル【検証・暴露】レビュー

仮想通貨アービシステム『T・F・A』【検証・評価】レビュー

関連記事

 

■評価・カテゴリー

推薦商材

優良商材

要検証商材

注意商材

要注意商材

 

■商材購入相談はコチラ

【お問い合わせフォーム】

仮想通貨投資【商材検証】

商材情報

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・商材名:元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・販売者:合同会社クリプロ 谷中伴行

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:あり

・販売価格:30,000円

マニュアル【検証・暴露】レビュー

仮想通貨アービシステム『T・F・A』【優位性・検証】レビュー

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』とは

 

今回検証するのは、元FXCMジャパン社長の谷中伴行氏の手がける

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』という

仮想通貨専用アービトラージシステムです。

 

 

 【特徴1】仮想通貨アービトラージシステム

 【特徴2】勝率98.2%、月利平均11.7%

 【特徴3】元FXCMジャパン社長監修

 【特徴4】たった“3つの作業”を繰り返すだけ

 

 

本日は吉村がレビューを担当していきます。

 

元FXCMジャパン社長の谷中伴行氏の最新オファーがスタートしました。

 

谷中伴行氏といえば、元機関投資家として

野村証券、モルガンスタンレー証券、シティバンク証券、UBS証券を経て

FXCMジャパンの代表取締役を就任したという経歴を持つ

実力派のプロトレーダーとして有名な方ですね。

 

また、3年程まえに「プライス乖離FX」という

乖離率に照準を絞ったトレードツールを販売していました。

 

こちらのオファーでは、ツールの提供に加えて

谷中伴行氏の乖離トレードを徹底的に学ぶコンテンツが用意された

FXスクールとして提供されており、

販売価格は198,000円という高額なオファーでした。

 

 

しかし、谷中伴行氏の確かな経歴に対して

「プライス乖離FX」では明確なフォワード実績を

公開していないという理由から

当検証ブログでは中立な評価とさせてもらっていました。

 

⇒【プライス乖離FX 10万ドルトレーダー養成塾 優位性を検証レビュー

 

その後、プライス乖離FXの評判は賛否挙がっているようですが

確かな経歴を持つ谷中伴行氏の新作が発表されたということで

仮想通貨アービシステム『T・F・A』にも

販売開始から早速注目が集まっているようです。

 

 

今回のシステムのロジックは商材名からもわかるように

仮想通貨のアービトラージとなっており、

2つの取引所間で同一のコインに価格差が出ている場面を狙うもので

 

価格が安い取引所でコインを買い、

価格が高い取引所でコインを売るという

シンプルな手法となっています。

 

その、価格差や取引所などを

リアルタイムで配信してくれるのが

仮想通貨アービシステム『T・F・A』というわけです。

 

 

価格差が出ているコインを事前に把握し

安く買って高く売るわけですから

理論上では勝率100%を期待できるだけでなく

テクニカル分析の必要もなく

トレンドに左右されにくいという理由から

 

『初心者でも利益を出しやすい手法』

 

として人気がありますね。

 

 

しかも、今作は前作とは異なり、

わずか30,000円という手ごろな価格設定ということもあってか

すでに数件の購入相談を頂いていますので、

このシステムにどれだけの購入価値があるか

検証していきたいと思います。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』のトレードルール

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』のトレードルールはとにかく単純です。

 

このシステムは、トレード情報が記載されたメールが配信され

ユーザーは指定の取引所とコインでアービトラージを行うだけ。

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

①.メールを受信

②.取引所で価格差の発生している仮想通貨を取引

③.利確を行う

 

また、レターにはメール通知から

実際の取引の様子を収録した動画が掲載されています。

 

 

こちらの動画は約50秒ほどですが、

メールを受け取り、取引を開始して

利益確定するまでに1分もかからないことが確認できます。

 

もちろん、利用する取引業者によっては

送金時間が異なってきますが、

早ければこれだけ短時間で

しかも確実に利益を得ることができることがわかります。

 

 

また、このシステムを使って運用した際に

実際に利益をあげているという証拠資料として

谷中伴行氏の各取引所のリアル口座が掲載されています。

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

 

仮想通貨の場合、年間取引報告書などもないため

トータルのトレードの収支を一覧にまとめた集計表を

実績として公開する商材が一般的ですが、

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』では

谷中伴行氏の取引所の口座もしっかりと掲載しており

リアルにトレードで結果を出せていることがわかります。

 

 

どういったシステムであっても

実際に運用してみなければ“結果はわからない”

というのは言うまでもありませんが、谷中伴行氏のように

確かなデータを開示してくれる商材は決して多くありません。

 

当然ながら、しっかりと“証拠”を公開しているしていないでは

システムの優位性判断にも大きな差が生まれますし

そういった意味で考慮すれば仮想通貨アービシステム『T・F・A』は

期待値の高いトレードシステムだと考えてよいでしょう。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』の評価・感想

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』のロジックはアービトラージであり

トレード方法は取引詳細メールを受け取り、

それに従ってアービトラージしていくだけですから、

システムやロジックについては特別難しく勉強する必要はありません。

 

これは仮想通貨アービシステム『T・F・A』に限らず

多くの仮想通貨アービトラージシステムに共通します。

 

しかし、優位性のある仮想通貨アービトラージシステムは

これまで一般に出回っていないのが現状です。

 

少なくとも、私が知る中では。

 

 

理論上100%稼げるアービトラージですが

システムが正常に作動しない、もしくは情報処理に時間がかかり

シグナルが配信されるころには乖離した価格差が

元に戻っているということは少なくありません。

 

 

つまり、こういったシステムの場合

実践で正確に動作するかが重要なポイントとなります。

 

さらに言えば、実践でまともに動作しないシステムの場合は

実際の取引画面やトレード履歴を掲載することなく

“これだけ稼げました!”と謳っているものがほとんど。

 

 

対して仮想通貨アービシステム『T・F・A』では

実践者のトレード収支の一覧だけではなく

谷中伴行氏の取引口座のキャプチャ画像も開示しており

期待値の高いシステムであることが確認できます。

 

前作ではフォワード実績を開示してくれなかった

谷中伴行氏ですが、今回では確かな“資料”を

しっかりと公開している姿勢は高く評価できますね。

 

谷中伴行氏の経歴やネームバリューを考えれば

嫌でもシステムへの期待は大きくなりますが、

 

それを差し引いたとしても公開されている情報量や

購入者に対するサポートや保証内容を考えれば

これまで販売されてきた、他のアービトラージシステムとは

信頼性は比べ物にならないといえるでしょう。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』では

購入者へ向けて、『全額返金保証』も設けられています。

 

返金保証の内容は

 

『1ヶ月間(30日間)カリキュラムに沿って実践し、

 トータル収支がプラスにならなかった場合、購入金額を全額返金』

 

というもの。

 

返金条件までの運用期間も短く、

返金保証のハードルとしては極めて良心的といえるでしょう。

 

 

まぁ、返金保証目的で購入する人はまずいないとは思いますが

万が一、結果が出せなかった場合を想定しての

購入者への保証を用意していると考えれば

このオファーが誠実なものであることがわかりますね。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』・総合評価

 

【今井の評価 ⇒ -点/楠の評価 ⇒ -点/吉村の評価 ⇒ 70点

仮想通貨アービシステム『T・F・A』

【総合評価】…“要検証商材

 

【2018年12月5日検証】『T・F・A』マニュアル【検証・暴露】レビュー

【2018年11月26日検証】仮想通貨アービシステム『T・F・A』【優位性・検証】レビュー

 

 

さらに、仮想通貨アービトラージ商材では珍しく

講師本人によるサポートが完備されています。

 

サポートの窓口は「電話」「メール」となっており、

いずれも谷中伴行氏が直接対応。

 

メールではサポートスタッフが対応する

ということもあるかと思いますが、

電話であれば本当に谷中伴行氏が対応しているかどうか

声を聞いただけでわかります。

 

元FXCMジャパン社長である谷中伴行氏から

直接サポートを受け、個別で指導してもらえる

と考えるだけでも参加する価値は十分にあるでしょう。

 

 

・期待値を証明する情報が豊富

・講師による直接サポートが提供される

・充実したコンテンツや返金保証が完備

 

といった特徴を考えると

これまで販売されてきた仮想通貨アービトラージ商材の中では

断トツで購入価値がある仮想通貨商材といえるでしょう。

 

 

数名の読者様よりこのシステムの購入相談を頂いていますが

今回検証をした上で、

個人的にも気になるオファーだと感じていますので

今後、実際に購入しより具体的に検証してみたいと思います。

 

また、仮想通貨アービシステム『T・F・A』に関する

最新情報などは当検証ブログメールマガジンで

優先的に配信していくつもりですので

購入を検討されているかたは是非チェックされてみてください。

 

 

ということで、仮想通貨アービシステム『T・F・A』は

ひとまず要検証商材と評価しておきたいと思います。

 

 

今回の検証は以上になります。

 

私が検証する商材以外にも気になるものがありましたら

リクエストして頂ければと思います。

 

■商材検証リクエストはコチラ

【お問合せフォーム】

 

本日はありがとうございました。

 

また、当検証ブログでは〝投資商材&証券会社〟に関する最新情報

トレンドのFX攻略ノウハウ、オリジナル市場攻略必勝法などのニュースを

無料メールマガジンで定期配信させて頂いております。

 

最新の市場情報を入手し、トレードに活用して頂ければと思っておりますので

メルマガの購読をご希望される場合は以下のバナーをクリックし、

メルマガ登録フォームからご登録下さい。

メールマガジン登録フォーム

 

 

商材情報

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・商材名:元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

・販売者:合同会社クリプロ 谷中伴行

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:あり

・販売価格:30,000円

マニュアル【検証・暴露】レビュー

仮想通貨アービシステム『T・F・A』【優位性・検証】レビュー

関連記事

 

■評価・カテゴリー

推薦商材

優良商材

要検証商材

注意商材

要注意商材

 

■商材購入相談はコチラ

【お問い合わせフォーム】

仮想通貨投資【商材検証】

商材情報

FOREX48(フォレックス48)

・商材名:FOREX48(フォレックス48)

・販売者:荒武サービス 荒武成大 世界FX研究所 大前茂樹

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:あり

・販売価格:9,800円

FOREX48(フォレックス48)とは

今回検証するのは、世界FX研究所の大前茂樹氏の手がける

FOREX48(フォレックス48)という人工知能搭載EAシステムです。

 

 

 【特徴1】48タイプの世界最強EA

 【特徴2】10日で700pipsオーバー

 【特徴3】ディープラーニングプログラム

 【特徴4】全ての相場で勝ち続けられる

 

 

本日は楠がレビューを担当していきます。

 

インフォカートから面白そうなEAが販売されていたので

久しぶりに検証レビューしてみたいと思います。(^^)/

 

 

FOREX48(フォレックス48)はそのタイトルの通り

48種類のEAでポートフォリオを組むEAトレードシステムです。

 

レターには各EAの特徴が掲載されており、

バックテストと思われる運用成績が掲載されていますが

いずれのEAも非常に優秀。(^^)b

 

 

特にナンピンロジックの「SHOW TIME」というEAは

勝率98.7%、最大ドローダウン6.92%、

プロフィットファクター10.52という

驚異的な成績を叩き出しています。(◎_◎;)

 

ナンピン系でありながら、ドローダウンが極めて低く

それゆえにこれだけのプロフィットファクターを

出しているのでしょうが、

 

10.0超えという数字を見ると「SHOW TIME」は

カーブフィッティングの可能性は高いのかなと…

 

 

とはいえ、トレンドフォロー系の「Grand BAZOOKA」は

勝率78.53%、最大ドローダウン2.84%、

プロフィットファクター2.56

 

逆張りスキャル系「DOG Turbine」は

勝率72.52%、最大ドローダウン5.32%、

プロフィットファクター1.85

 

細かく利食いしていく「flickr Jab」は

勝率77.74%、最大ドローダウン3.55%、

プロフィットファクター2.45

 

といった、とかなり現実的で優秀な臭いが

プンプンするEAが非常に多いのが目に入ってきます。(^^)/

 

 

すべて紹介したいところですが、

正直48個全てのEAの解説をするとなると

とんでもなく長い記事になってしまうので

詳細はレターから直接確認してもらえると助かります。苦笑

 

販売者曰くカーブフィッティングは一切行っていないとのことですが

「SHOW TIME」のように桁外れに成績が良すぎて

本当かなぁ~…と思ってしまうものもいくつかありますが、

ほぼ、現実的な運用成果を出しているEAばかりですので

システムとしての優位性はなかなか期待できそうです。(^^)b

 

 

FOREX48(フォレックス48)の強みは内臓されている人工知能にあり

 

FOREX48(フォレックス48)は優秀な48個のEAから

相場状況に合わせて、システムに内蔵されている人工知能(AI)が

もっともベストなポートフォリオを自動で組んでくれます。(^^)/

 

 

レターでも解説されていますが、

FOREX48(フォレックス48)のAIは

自ら学習する【機械学習プログラム】とのことで、

 

ソフトバンクのアシスタントロボット、ペッパー君や

グーグルのアルファ碁などで有名な

Deep Learning(ディープラーニング=深層学習)

を基に構築されたと謳われています。(^^)

 

 

ディープラーニングは、人間の神経細胞(ニューロン)の仕組みを模した

ニューラルネットワークと呼ばれるシステムがベースとなっていて

これを多層にして用いることでデータに含まれる特徴を

段階的により深く学習することが可能になります。

 

ですから、ディープラーニングのモデルは極めて高い精度を誇り、

現在は人間の認識精度を超えるまでに至っています。

 

いうまでもなく、AIの発展に最も貢献している技術であり

Facebookなどの大手海外企業も多額の資金を投じて

ディープラーニングの開発研究に取り組んでいます。

 

私達の身近なところで言えば自動車の自動運転や

ホームアシスタントデバイスなどですね。(^^)b

 

 

私達人間より情報処理、情報収集能力が高く極めて正確、

データの保存量や情報量も人間とは比較になりません。

 

情報収集や情報処理に限度があり、

感情や希望的観測でルールを破ってしまう人間よりも

AIのほうが投資に向いていると考えるのが普通でしょうね。(^^;

 

 

FOREX48(フォレックス48)の話題に戻りますが、

このトレードシステムはディープラーニング技術により

ファンダメンタルズの要素もトレードに

反映することが可能になっているとのこと。

 

通常のEAであれば不可能なことですね。

 

 

これまでは人間がファンダメンタルズを行い

EAの稼働と中止を判断したり、

ポートフォリオ組み替えたりといった作業をしてきたわけですが

 

FOREX48(フォレックス48)では

ディープラーニングで学習したAIが

発表された指標の内容を判断し、

ベストなトレード戦略を取るとうわけです。

 

もしもこのシステムの技術が

間違いなく本物であれば

歴史上最高のEAシステムが完成したと言えるでしょうね。(^^)

 

 

FOREX48(フォレックス48)の評価・感想

 

レターに掲載されている

各EAのパフォーマンスを見る限りだと

かなり優秀な運用が期待できそうです。(^^)b

 

また、2008年以降の荒れ相場も

ディープラーニングにより学習したAIが

適切な戦略を判断し、

例外なく乗り切ってきたという事例が掲載されています。

 

・2008年:リーマンショック(プラス686pips)

・2010年:ギリシャ危機(プラス474pips)

・2011年:東日本大震災(プラス758pips)

・2015年:スイスフランショック(プラス480pips)

・2015年:第一次チャイナショック(プラス575pips)

・2015年:第二次チャイナショック(プラス731pips)

・2016年:EU離脱問題(プラス996pips)

 

 

こういったイレギュラーな荒れ相場では

多くの投資家が予期せぬドローダウンに見舞われて

最悪の場合は、一撃退場を余儀なくされます。

 

そんな中でこれだけの結果を

残せているというのは正直言って、凄いことです。

 

 

ちなみに、FOREX48(フォレックス48)の開発者は

大前茂樹氏という人物で開発を開始したのが

丁度8年前の2010年からとのこと。(^^)

 

この8年間で検証を繰り返し

EAのバージョンアップなどを繰り返して

今回のシステム公開に踏み切ったそうです。

 

 

そして、驚かされるのがFOREX48(フォレックス48)の販売価格。

 

なんと、たったの9,800円とのこと。(◎_◎;)

※10月16日までは一般公開記念ということで

 限定価格8,800円での販売となっています

 

あまりに安いので月額1万円なのかなと思ったんですが

どうやら初期費用のみでこの価格のようです。

 

これだけ優秀な結果を残しているEAを

こんなに安価な価格設定で配布する理由は

 

利用者が増えれば増えるほどFOREX48(フォレックス48)が

学習し、進化し、性能が高くなるため

安定性も利益も増していくからだそう。

 

 

確かに、全てのシステムは内臓されているAIに

統括されているわけですから、

より沢山トレードすることで

学習速度は比例して高まっていきます。(^^)b

 

大前茂樹氏も自信のトレードで

FOREX48(フォレックス48)を利用しているということですし、

自分の資産運用効率を高めるために

少しでも多くの人に利用してもらうという目的で

安価で販売するというのは合点がいきますね。

 

 

FOREX48(フォレックス48)・総合評価

 

【今井の評価 ⇒ -点/楠の評価 ⇒ 65点/吉村の評価 ⇒ -点

FOREX48(フォレックス48)

【総合評価】…“要検証商材

 

ちなみに、FOREX48(フォレックス48)ユーザーには

10年間(!)無料のメールサポートが用意されています。

 

10年間って…すごいですね。笑

 

しかも、回数無制限で利用可能。

 

ここまでする販売者さんはなかなかいません。笑

 

 

48種類にも及ぶEAそれぞれの成績も

高く評価できる結果を出していますし

 

ディープラーニングでトレードすればするだけ

学習を重ねていくAIが統括する

人工知能トレードシステム、

 

それが今なら1万円でお釣りが

帰ってくることを考えれば

『買い』の最新EAだと言っていいでしょう。(^^)b

 

 

ちなみに、レターのアドレス登録フォームへ

アドレスを登録すると、最新のトレード実績を

定期的に無料で配布してくれます。

 

もちろん私も早速登録してみました。(^^)

 

EAは結果が全てですから

FOREX48(フォレックス48)を買おうかどうか悩む…

という方は、まずはアドレス登録をして

最新トレード実績へいくつか目を通してから

購入判断すると良いかと思います。(^^)

 

 

ということで、FOREX48(フォレックス48)は

要検証商材と評価しておきたいと思います。

 

 

今回の検証は以上になります。

 

私が検証する商材以外にも気になるものがありましたら

リクエストして頂ければと思います。

 

■商材検証リクエストはコチラ

【お問合せフォーム】

 

本日はありがとうございました。

 

また、当検証ブログでは〝投資商材&証券会社〟に関する最新情報

トレンドのFX攻略ノウハウ、オリジナル市場攻略必勝法などのニュースを

無料メールマガジンで定期配信させて頂いております。

 

最新の市場情報を入手し、トレードに活用して頂ければと思っておりますので

メルマガの購読をご希望される場合は以下のバナーをクリックし、

メルマガ登録フォームからご登録下さい。

メールマガジン登録フォーム

 

 

商材情報

FOREX48(フォレックス48)

・商材名:FOREX48(フォレックス48)

・販売者:荒武サービス 荒武成大 世界FX研究所 大前茂樹

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:あり

・販売価格:9,800円

関連記事

 

■評価・カテゴリー

推薦商材

優良商材

要検証商材

注意商材

要注意商材

 

■商材購入相談はコチラ

【お問い合わせフォーム】

FX【商材検証】

商材情報

Go!Go!!スキャルFX

・商材名:Go!Go!!スキャルFX

・販売者:クロスリテイリング株式会社 松野有希 本田浩輝

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:49,800円

Go!Go!!スキャルFXとは

 

今回検証するのは、クロスリテイリング株式会社

本田浩輝氏の手がける、Go!Go!!スキャルFXという

1分足スキャルピングツールです。

 

 

 【特徴1】3分先の値動きを完全予測

 【特徴2】勝率92% トレードチャンス300回

 【特徴3】年収4,000万円を記録

 【特徴4】チャートへの張り付きなし

 

 

本日は吉村がレビューを担当していきます。

 

クロスリテイリング株式会社から新たなFX商材が発表されました。

 

昨年から1ヶ月、2ヶ月くらいのスパンで

新作をバンバン打ち出すクロスリテイリング株式会社の

意欲的な活動には頭が下がりますね。

 

 

とはいえ、当検証ブログでは同社のFX商材で

評価できるものは多くはないと考えています。

 

その理由は、全ての商材において

フォワード実績を開示しないスタイルを

貫いているというところにあります。

 

 

また、この商材業者の特徴として

販売する手法の多くが初心者を対象とした

半裁量のシストレツールとなっています。

 

サインツールやオリジナルのインジケーターなど

トレードの補助として活用するツールを

数多く販売しているわけですが、

 

これまでツールの期待値を証明する

運用実績を公開したことは一度もありません。

 

 

しかし、魅力的なレターページや

現実離れした数字や謳い文句、

かなり手の込んだローンチなど

 

プロモーションやセールスに他社よりも

非常に力を入れているということから

FX商材業界では確固たる地位を築いています。

 

 

業界トップクラスのシェア率を誇ってこそはいますが

対照的に購入者からは否定的な口コミが多く

FX商材業者して疑問視する声も少なくありません。

 

良くも悪くも知名度の高い同社ですが

今回のGo!Go!!スキャルFXで

名誉を挽回することができるか気になるところですね。

 

 

Go!Go!!スキャルFXのロジックを検証

 

Go!Go!!スキャルFXのロジックは

レンジブレイクを狙ったブレイクアウトロジックと

レンジ内での反発を拾う逆張りロジック。

 

基本の手法は1分足のスキャルピングで、

ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの

4つの通貨ペアが推奨されています。

 

 

ポジションの保有時間は3分と限定されており、

1日のエントリーチャンスは約300回ほどとのこと。

 

その上で勝率は平均92%を達成、

年間で4,000万円もの利益を実現しているそうです。

 

 

ポジションの保有時間が3分固定ですから、

ブレイクアウトのタイミングでは

トレンドが続く限り複数のポジションを持ち、

 

トレンドが発生していないレンジ相場では逆張りで仕掛け、

コツコツと利益を積み重ねていくスタイルです。

 

 

Go!Go!!スキャルFX

 

 

Go!Go!!スキャルFXの売りは

兼業トレーダー本田浩輝氏が開発した

ビクトリーライトというオリジナルツール。

 

RSIの隣に表示されているインジケーターです。

 

このビクトリーライトはトレンド方向を示す矢印サインと

トレンドは発生を示す丸サインが表示される仕組みで、

 

『赤丸サイン点灯で上昇トレンド発生』

『青丸サイン点灯で下降トレンド発生』

 

となっています。

 

 

そして、RSIの数値を加味することで

トレンドの初動を掴むことと

ダマシを回避する工夫がなされています。

 

 

これが、Go!Go!!スキャルFXのメインツールですが

さらにエントリー精度を高めるための

サインツールも付属しています。

 

 

ビクトリーライトが点灯している場面でも

利益にならないポイントでは

エントリーサインは配信されず、

 

ビクトリーライトが点灯し利益になる場面で

エントリーサインが配信されているのがわかりますね。

 

 

このように、RSI、ビクトリーライト、サインツールの

3つの条件から判断することで

より精度の高いエントリーを期待できるわけですね。

 

 

また、決済は自動決済ツールを使います。

 

エントリーと同時に決済ツールへ

注文番号を入力することで3分後に自動決済となります。

 

 

Go!Go!!スキャルFXの評価・感想

 

Go!Go!!スキャルFXはとにかくエントリーチャンスが多く

エントリー後は自動決済ツールを設定して

決済されるまで放置でOKですから、

常にチャートに張り付く必要はありません。

 

トレードしたい時だけチャートへ向き合い、

保有時間も短いため、メンタルへのストレスも少ないでしょう。

 

 

それでいて勝率92%を実現するのであれば

かなり期待できるツールと言えます。

 

しかし、残念なことにGo!Go!!スキャルFXで運用した

本田浩輝氏のフォワード実績は非公開。

 

今回もレターページでツールの優位性を証明する

実績などの証拠が公開されることはありませんでした。

 

 

本田浩輝氏が年収4,000万円を稼いでいる証拠もなければ

Go!Go!!スキャルFXが勝率92%を達成している証拠もありません。

 

つまり、レターに掲載されている数字には

何の信ぴょう性もないということです。

 

 

Go!Go!!スキャルFXは半裁量手法ですから

ツールの優位性が不透明となると

勝てるかどうかは実践者の裁量スキルに大きく左右されます。

 

当然ながら実践者によって運用成績に

大きく差がでることは間違いないでしょう。

 

 

Go!Go!!スキャルFX・総合評価

 

【今井の評価 ⇒ -点/楠の評価 ⇒ -点/吉村の評価 ⇒ 40点

Go!Go!!スキャルFX

【総合評価】…“注意商材

 

手法自体はオーソドックスなロジックですが

3分固定で決済されるなど

商材としてのオリジナリティは高いのかなと思います。

 

しかし、Go!Go!!スキャルFXはそれだけであって

ツールの優位性が判断できない以上

購入するにはいたらないというのが正直な感想です。

 

 

また、この手法はエントリーから3分後に決済されるため

3分経つ前に決済されることを避けるため

損切りは行わないことが推奨されています。

 

1分足のスキャルピングだから

大きく動くことはないだろうという考えなのかもしれませんが

はっきり言ってかなり無謀です。

 

FXはわずか1分で50pips、70pipsと大きく動くこともありますし

もしエントリー方向と反対へ大きく動いてしまえば

典型的なコツコツドカンになります。

 

 

Go!Go!!スキャルFXは1回のトレードの利益が小さく、

数をこなしでコツコツ稼ぐロジックですから

損切りをしないというのは“ありえない”ことです。

 

 

ツールの優位性が証明されておらず、

フォワード実績も非公開、

それでいて損切りしないことを推奨している。

 

個人的には理解できない部分が多すぎるFX商材です。

 

ということで、Go!Go!!スキャルFXは

注意商材』と評価しておきたいと思います。

 

 

今回の検証は以上になります。

 

私が検証する商材以外にも気になるものがありましたら

リクエストして頂ければと思います。

 

■商材検証リクエストはコチラ

【お問合せフォーム】

 

本日はありがとうございました。

 

また、当検証ブログでは〝投資商材&証券会社〟に関する最新情報

トレンドのFX攻略ノウハウ、オリジナル市場攻略必勝法などのニュースを

無料メールマガジンで定期配信させて頂いております。

 

最新の市場情報を入手し、トレードに活用して頂ければと思っておりますので

メルマガの購読をご希望される場合は以下のバナーをクリックし、

メルマガ登録フォームからご登録下さい。

メールマガジン登録フォーム

 

 

商材情報

Go!Go!!スキャルFX

・商材名:Go!Go!!スキャルFX

・販売者:クロスリテイリング株式会社 松野有希 本田浩輝

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:49,800円

関連記事

 

■評価・カテゴリー

推薦商材

優良商材

要検証商材

注意商材

要注意商材

 

■商材購入相談はコチラ

【お問い合わせフォーム】

FX【商材検証】

商材情報

プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-

・商材名:プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-

・販売者:グローバル・ロイズ株式会社 松山裕典 コウスケ

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:29,800円

プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-とは

 

今回検証するのは、グローバル・ロイズ株式会社

FXトレーダーコウスケ氏による5分足シストレ手法です。

 

 

 【特徴1】毎月平均500万円

 【特徴2】年間13,381pips

 【特徴3】ファンダメンタルズ不要

 【特徴4】5分足専用サインツール

 

 

本日は吉村がレビューを担当していきます。

 

ドラストFX、ブラストFX、モントレFXなどの

人気トレードツールを数多くリリースしている

グローバル・ロイズ株式会社の新作が登場しました。

 

 

プロフェッショナル・トリガーFX(略してプロトリFX)は

5分足専用のサインサインツールで

サインの取捨選択を裁量判断で行う半裁量のシストレ手法です。

 

ツール開発者は裁量トレーダーの実力者として有名なコウスケ氏。

 

 

プロトリFXのレターにも掲載されていますがコウスケ氏は

日本テクニカルアナリストライセンス取得、

ロビンスカップ3位入賞など確かな実績を持っています。

 

また、FX攻略.comでコラム執筆や、ラジオNIKKEIでの解説といった

投資関連の情報媒体にも露出しており、

自身でトレードセミナーなども数多く開催している人物です。

 

 

過去には「REDZONE」「Diva Perfect Order」「JBB2018」といった

MT4専用のサインツールも単独販売していますが

いずれのツールも購入者からの評判は上々。

 

そういった確かな実績と経歴を持ち合わせたコウスケ氏の

集大成トレードツールが今回のプロトリFXとのことです。

 

 

ちなみに、レターではコウスケ氏のリアルな成果として

2018年4月~5月いっぱいまでの2ヶ月分のトレード履歴が掲載さています。

 

プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-

 

掲載されている運用期間がわずか2ヶ月間というのは

正直物足りなさを感じますが、

それでもこうして実際のトレード履歴を

しっかりと開示する姿勢は評価できるかと思います。

 

現在でも、実績を公開することなく

信ぴょう性のない実績を謳うFX商材が本当に多いですからね。

 

 

プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-のツールを検証

 

プロトリFXはマルチタイムタイムフレームと

ボリンジャーバンドを使ったカウンタートレードで

 

時間足は5分足推奨、

通貨ペアはドル円、ユーロ円、ポンド円のクロス円推奨、

月間トレードチャンスは約50回前後とのこと。

 

使用するインジケーターはアレンジを加えたボリンジャーバンド、

そしてトレンド判断とエントリータイミング判断の

補助として使用するトレンドバーです。

 

 

 

一見、トレンド発生後のプルバックで仕掛ける

カウンタートレードのように見えますが、掘り下げていくと

上位足では押し目・戻りのトレンドフォローとなっています。

 

上位足では押し目・戻りのポイントが

短期足ではトレンド転換ポイントとなっており

そこから利益を伸ばしていくという考え方でしょう。

 

また、プロトリFXでは3段階のチャートシステムが用意されており

ユーザーのレベルや、相場状況に合わせてモード切替が可能になっています。

 

 

■ビギナーモード

 

こちらのモードは最も基本的なチャートシステムで

トレードルールは至ってシンプルです。

 

1.短期トレンド方向を示す斜め矢印サインの出現

 

2.トレンドサイン表示後プルバックしたところで

  エントリーサインが表示

 

3.エントリー後、決済サインである×印が出たところで手仕舞い

 

 

■追撃ブーストモード

 

いわゆるピラミッティング(増し玉)により利益の最大化を図るモード。

 

基本的なトレードルールはビギナーモードの通りですが

エントリー後に増し玉注文を入れるポイントへシグナルが点灯し

裁量によりポジションを追加していきます。

 

プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-

 

 

■エキスパートロジックモード

 

こちらのエキスパートロジックモードは

コウスケ氏のトレードをより再現するためのモードで

トレンドとエントリーポイント判断の補助として

RCIを追加表示し、よりロジカルな裁量判断を加え

スキャルピング的にトレードしていきます。

 

そのため、このモードが最もエントリーチャンスが多く

1日で最大10程のチャンスを期待できるとのこと。

 

プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-

 

 

このように自分に合わせて機能や戦略を切り替えることで

トレードパフォーマンスを最適化できる

工夫がなされている点は良いすし、

相場判断要素が各所に散りばめられているため

初心者の方にも扱いやすいツールに仕上がっていると思いますね。

 

 

プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-の評価・感想

 

プロトリFXは販売開始から

早くもインフォトップランキングで上位を獲得しており

今特に注目を集めているオファーであることがわかります。

 

コウスケ氏の経歴や実績を考えれば

プロトリFXがヒットする理由も十分わかります。

 

 

しかし、私がプロトリFXで一つだけ引っかかるのは

ロジックがブラックボックスだという点です。

 

どういった根拠で各サインが表示されるかまでは

公開されていないため、ユーザーは提供されるツールよる

視覚的判断しかできないことになります。

 

 

極端に言えば、ルール通りにトレードしているのに

逆行してしまった場合、ロジックがブラックボックスでは

どうして逆行してしまったかを追求することができません。

 

もちろんその逆もしかりです。

 

つまり、プロトリFXを使ってトレードしたからといって

自身の相場を読み解く力が向上することはなく、

トレーダーとしての裁量技術を磨くことはできないというわけです。

 

 

また、サインロジックがブラックボックスということは

裁量トレードにおけるサポートツールとしても

使用できないということになります。

 

ですから、自身のスキルアップを希望する

裁量トレーダーにとってはあまり魅力的なツールではないと言えるでしょう。

 

 

しかし、対照的にロジックがブラックボックスでも

自分のスキルアップが望めなくても、

とりあえず結果が期待できるツールが欲しい

という人にとってはプロトリFXは価値のあるツールになるでしょう。

 

 

個人的にはしっかりとロジックまで公開してくれば

かなり魅力的なサインツールだと言えるのですが、

ロジックが公開されない以上、

ユーザーを選ぶツールと評価せざるを得ないかと思います。

 

 

プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-・総合評価

 

【今井の評価 ⇒ -点/楠の評価 ⇒ -点/吉村の評価 ⇒ 60点

プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-

【総合評価】…“要検証商材

 

単純にコウスケ氏のファンで新作を手にしてみたい、

これまでコウスケ氏のツール愛用者といった方は

購入してみる価値はあるかもしれません。

 

もちろん、彼の経歴や実績を考えれば

現在販売されているFXツールの中では

断トツの期待値があると言えるでしょう。

 

 

ですが、先ほどもお話したように

プロトリFXはロジックがブラックボックス。

 

自身の裁量スキルのレベルアップを希望する方には

物足りないツールと言えるでしょうね。

 

ということで、プロトリFX-は

要検証商材と評価しておきたいと思います。

 

 

今回の検証は以上になります。

 

私が検証する商材以外にも気になるものがありましたら

リクエストして頂ければと思います。

 

■商材検証リクエストはコチラ

【お問合せフォーム】

 

本日はありがとうございました。

 

また、当検証ブログでは〝投資商材&証券会社〟に関する最新情報

トレンドのFX攻略ノウハウ、オリジナル市場攻略必勝法などのニュースを

無料メールマガジンで定期配信させて頂いております。

 

最新の市場情報を入手し、トレードに活用して頂ければと思っておりますので

メルマガの購読をご希望される場合は以下のバナーをクリックし、

メルマガ登録フォームからご登録下さい。

メールマガジン登録フォーム

 

 

商材情報

プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-

・商材名:プロフェッショナル・トリガーFX -プロトリFX-

・販売者:グローバル・ロイズ株式会社 松山裕典 コウスケ

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:29,800円

関連記事

 

■評価・カテゴリー

推薦商材

優良商材

要検証商材

注意商材

要注意商材

 

■商材購入相談はコチラ

【お問い合わせフォーム】

FX【商材検証】

商材情報

ゾーンスキャルFX

・商材名:ゾーンスキャルFX

・販売者:日本投資家育成機構 鈴木克佳 FX-Katsu

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:79,800円

ゾーンスキャルFXとは

 

今回検証するのは、日本投資家育成機構

FX-Katsu(鈴木克佳)氏による

5分足トレンドフォローシストレ手法です。

 

 

 【特徴1】勝率91.2%

 【特徴2】1ヶ月で782万円の利益

 【特徴3】月利100%も狙える

 【特徴4】年収3,000万が最低ライン

 

 

本日は吉村がレビューを担当していきます。

 

秒速スキャルFXでお馴染みのFX-Katsu氏による

最新のトレードツールが登場しました。

 

 

ゾーンスキャルFXはトレンドを判断する環境認識ツールと

エントリー、決済を知らせてくれるサインツールによる

半裁量のシストレ手法となっています。

 

ロジックはダウ理論に基づいた

5分足のトレンドフォロースキャルピング手法。

 

 

レターでは“最高峰の裁量トレード”などと謳われており、

販売価格もFX商材にしては高額の79,800円。

 

また、今回のツールを使った運用実績として

2018年6月1日~6月29日までのFX-Katsu氏の

成績が掲載されていますが、

掲載期間はわずか1ヶ月程度とかなり短期。

 

ゾーンスキャルFX

 

勝率91.2%、62勝6敗、782万7,402円の

利益を獲得したとのことですが

掲載されている画像からでは

それを証明証明るにはかなり無理があります。

 

 

さらに、裁量トレード初心者が

2018年5月15日~5月21日の約1週間の運用で

勝率88.46%、26戦23勝、111万4,367円の利益を

獲得しているとのことですが、

こちらも信ぴょう性のあるデータは開示されていません。

 

 

それでいて、FX-Katsu氏は10万円の資金でも

いきなり年収3,000万円を実現できるだけでなく、

年収3,000万というのは最低ラインの話であって

年収1億円を稼げるようになると謳っています。

 

 

これくらい大きくでるのであれば、

もう少しマシなフォワード実績を

公開してもらいたいところですが…

 

まぁ、クロスリテイリング株式会社のグループ企業

日本投資家育成機構の商材ですから

その辺は期待する方が間違っているかもしれませんね。

 

毎度のこと、信ぴょう性のない実績に関しては

参考程度に受け取っておいて、

ゾーンスキャルFXに79,800円も支払う価値があるのかどうか

以下より検証してきたいと思います。

 

 

ゾーンスキャルFXのトレードルールについて

 

ゾーンスキャルFXのトレードルールは非常にシンプル。

 

「ゾーン」と呼ばれる直近高値と一つ前の高値に引いた

水平線ラインの中で点灯するエントリーサインに従ってエントリー、

エントリー後に表示される決済サインに従い手仕舞いするだけです。

 

 

ちなみに、ゾーンスキャルFXでは高値、安値に×マークが自動で表示され

マークが表示された高値へ自分で水平線を引いていきます。

 

この×マークがゾーンスキャルFXの環境認識ツールです。

 

トレード自体は5分足のスキャルピングですが、

水平線を引くポイントを教えてくれる環境認識ツールは

1時間足で監視されているようです。

 

 

また、サインツールに関しては押し目買い・戻り売りのポイントで

エントリーサインが表示され、決済は直近高値の

水平線ラインをタッチしたところで決済サインが表示されます。

 

つまり、水平線を引く作業、サインの取捨選択が

ゾーンスキャルFXにおける“裁量判断”ということですね。

 

 

 

これが、基本のスキャルピングロジックですが、

直近高値の水平線ラインを上抜けした

ブレイクアウトロジックで大きな利益を狙える他、

 

エントリーポジションを保有したまま

反対方向のエントリーポジションを保有する

両建てを行う応用手法も用意されています。

 

 

 

 

ダイヤモンド・トレンドFXの評価・感想

 

ゾーンスキャルFXのロジックはダウ理論がベースとなっています。

 

つまり、手法としては水平線とダウ理論による

オーソドックスなトレンドフォローです。

 

 

現在が上昇トレンドなのか?下降トレンドなのか?

もしくはレンジ相場なのかを判断する上で

最もポピュラーであり普遍的なテクニカルがダウ理論ですが、

 

水平線とダウ理論を一つ極めるだけでも

FXで勝てるようになることができます。

 

そういった普遍的かつオーソドックスなテクニカルを

FX-Katsu氏のオリジナルの理論と

ツールに落とし込んだのがゾーンスキャルFXです。

 

 

しかし、個人的に気になったのは

ゾーンスキャルFXで水平線ラインを引くのは

直近高値とその1つ前の高値のみというところ。

 

本来、ダウ理論とは高値と安値へラインを引き

高値安値の切り上げ・高値安値の切り下げを意識することで

相場の状況を判断していくものです。

 

 

高値安値の切り上げであれば上昇トレンド、

高値安値の切り下げであれば下降トレンド、

どちらでもなく横ばいであればレンジ相場という具合です。

 

 

ですが、FX-Katsu氏はこの一般的な

高値安値の切り上げ・高値安値の切り下げを

意識する考え方ではダウ理論に沿ったトレードを

行なうことができないと指摘しており、

 

高値の切り上げ・切り下げだけを意識したほうが

ダウ理論に沿ったトレードを実現できると主張しています。

 

 

個人的にはFX-Katsu氏のこの考え方には疑問を感じますし

はっきり言って、安値を意識しないということは

そもそもダウ理論ではないと言えます。

 

ダウ理論に沿ったトレードをする上では

致命的な矛盾点と言えますし、

初心者がダウ理論を勉強する目的で

ゾーンスキャルFXを購入した場合

誤った知識を身に付けることになりそうですね。

 

 

ゾーンスキャルFX・総合評価

 

【今井の評価 ⇒ -点/楠の評価 ⇒ -点/吉村の評価 ⇒ 40点

ゾーンスキャルFX

【総合評価】…“要検証商材

 

ゾーンスキャルFXは水平線とダウ理論を使った

オーソドックスなトレンドフォローロジックですが

FX-Katsu氏のダウ理論に関する解釈が

そもそもダウ理論ではないところがひっかかります。

 

もちろん、勝てればそれに越したことはないんですが

ゾーンスキャルFXのサインツールの精度も不明ですし、

 

そもそも手法とツールの優位性を証明する

フォワード実績が公開されていない時点で

信ぴょう性は極めて低いのかなと思います。

 

 

それでいて、ゾーンスキャルFXの販売価格は79,800円。

 

高すぎると思います。

 

ゾーンスキャルFXに約8万円も投資するのであれば

自分で水平線とダウ理論を使った

押し目買い・戻り売りを勉強したほうが

よっぽど有意義ですし、トレーダーとしてのスキルも向上します。

 

 

FX-Katsu氏の新作ということで

購入を検討している人も多いかもしれませんが

現状で判断する限りでは無駄な投資で終わりそうな気がしますね。

 

 

ということで、ゾーンスキャルFXは

要検証商材と評価しておきたいと思います。

 

 

今回の検証は以上になります。

 

私が検証する商材以外にも気になるものがありましたら

リクエストして頂ければと思います。

 

■商材検証リクエストはコチラ

【お問合せフォーム】

 

本日はありがとうございました。

 

また、当検証ブログでは〝投資商材&証券会社〟に関する最新情報

トレンドのFX攻略ノウハウ、オリジナル市場攻略必勝法などのニュースを

無料メールマガジンで定期配信させて頂いております。

 

最新の市場情報を入手し、トレードに活用して頂ければと思っておりますので

メルマガの購読をご希望される場合は以下のバナーをクリックし、

メルマガ登録フォームからご登録下さい。

メールマガジン登録フォーム

 

 

商材情報

ゾーンスキャルFX

・商材名:ゾーンスキャルFX

・販売者:日本投資家育成機構 鈴木克佳 FX-Katsu

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:79,800円

関連記事

 

■評価・カテゴリー

推薦商材

優良商材

要検証商材

注意商材

要注意商材

 

■商材購入相談はコチラ

【お問い合わせフォーム】

FX【商材検証】

商材情報

ダイヤモンド・トレンドFX

・商材名:ダイヤモンド・トレンドFX

・販売者:クロスリテイリング株式会社 松野有希 ダイスケ

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:49,800円

ダイヤモンド・トレンドFXとは

 

今回検証するのは、クロスリテイリング株式会社

ダイスケ氏による5分足専用トレンドフォロー

システムトレード手法です。

 

 

 【特徴1】10年連続年間20,000pips

 【特徴2】南ヨーロッパ、マルタ島で誕生

 【特徴3】知識、経験、センス不要

 【特徴4】初心者でも年収3,000万

 

 

本日は楠がレビューを担当していきます。(^^)/

 

 

ミリトレFXことミリオネアトレードFXで有名な

クロスリテイリング株式会社の専属講師ダイスケ氏の新作が登場しました。

 

それが本日取り上げるダイヤモンド・トレンドFXです。(^^)/

 

 

今回の手法は、前作のミリトレFXとは異なり

5分足のデイトレ手法とのことです。

 

ミリトレFXはスイングトレードでしたねぇ。(^^)

 

 

レターでは10年連続で年間20,000pipsの収益を達成、

南ヨーロッパのマルタ島でダイスケ氏が構築したロジックを

独自のツールに落とし込んだシストレ手法と謳われています。

 

販売に先駆けて、クロスリテイリング株式会社の

講師であるFX-Katsu氏を始めとした社員メンバーも検証しており、

たった2日間の運用で440万円、133万円、121万円といった

好成績を叩き出しているということです。

 

 

さらに、知識、経験、センス不要で全くのFX初心者でも

年収3,000万円を“当たり前”に目指すことができるそうです。(^^;

 

うーん、全くの初心者でも年収3,000万円稼げるなんて

言い切ってしまっていいんでしょうか?苦笑

 

 

ちなみに、ダイヤモンド・トレンドFXのレター冒頭では

ダイスケ氏の運用成績が掲載されています。

 

2018年1月 ⇒ 1,951pips獲得

2018年2月 ⇒ 2,011pips獲得

2018年3月 ⇒ 1,683pips獲得

2018年4月 ⇒ 1,138pips獲得

2018年5月 ⇒ 1,467pips獲得

 

 

ということですが、フォワード実績の詳細は公開されておらず

いつもどおりのお手製の成績画像が掲載されているだけ。(^^;

 

全くもって信ぴょう性に欠けますね…。

 

 

しかも、10年連続で年間20,000pipsを獲得したと謳っているのに

掲載されている成績は今年に入ってからの5ヶ月分だけ。

 

じゃぁ、その10年っていう数字はどこからきたのかと思ったら

どうやら、この5ヶ月間のペースで運用できれば

年換算で20,000pips稼げるよ♪ってことらしいです。(-_-メ)

 

 

おいおい…

 

フォワード実績も公開していない上に、

年間20,000pipsという数字もあくまで“年換算”。

 

それを10年継続できる保証だってありません。

 

 

何というかレター冒頭から突っ込みどころ満載ですが…。

 

大げさな謳い文句に、あくまで“年換算”の見込み利益。

 

出だしからかなり雲行きが怪しいですが、

人気講師ダイスケ氏の新作ということもあってか、

ここ数日間で数件の検証依頼を頂いているので、

買う価値があるシストレツールなのか

あくまで公平に検証してきたいと思います。笑

 

 

ダイヤモンド・トレンドFXのトレードルールについて

 

ダイヤモンド・トレンドFXは5分足専用の

デイトレードトレンドフォローロジックで

専用のサインツールを使ったシストレ手法となっています。(^^)

 

 

 

ツールの使用法は至ってシンプル。

 

チャート上に表示されたエントリーサインに従って買い、

決済サイン(チェックマーク)で手仕舞いするだけ。

※損切りライン:10pips以下

※リスクリワード:損失1/利益2以上

 

チャートもシンプルで視認性が高いため迷えというほうが難しいですね。(^^)

 

 

推奨通貨ペアはドルストレートの7通貨ペア、

ドル円、ユーロドル、ポンドドル、豪ドル米ドル、

ニュージランドドル米ドル、ドルスイス、ドルカナダ。

 

そして、トレードチャンスは月間で約500回、

勝率は平均で5~6割、調子が良い時は7割ほどとのこと。(^^)

 

 

トレードルールはとにかくシンプルですし、

サインに従って運用するだけでダイスケ氏が謳うほどの

成果を得ることができるのであれば

是非とも自身のトレードに導入したいツールと言えますね。(^^)b

 

 

ダイヤモンド・トレンドFXのハーストと単体通貨とは

 

レターページでも具体的に説明されていますが、

今回のツールはハーストというトレンドを見極めるインジケーターと

通貨強弱を判断する単体通貨というツールがキモとなっています。

 

 

ハーストはご存じの方もいると思いますが、

初めて聞いたよという人の為に簡単に解説したいと思います。(^^)b

 

ハースト指数はもともと確率論の概念でトレードとは直接関係ありませんが

この数学的な概念をつかうことで、値動きのトレンドを測ることができます。

 

ハースト指数は0~1までの値を取っていて、

相場が完全にランダムに変動(ランダムウォーク)する場合、

指数は0.5の値をとります。

 

 

強いトレンドが強くでる場合、

指数は0.5以上の値をとり反対にトレンドが出にくく、

レートが戻りやすい場合はハースト指数は0.5以下の値をとります。

 

・ハースト指数 0.5以上 ⇒ トレンド相場・順張りが有利

・ハースト指数 0.5 ⇒ ランダムウォーク

・ハースト指数 0.5以下 ⇒ もみ合い相場・逆張りが有利

 

 

指数0.5以上(トレンド相場)であれば、損小利大のトレンドフォロー有利

指数0.5以下の場合は、コツコツと利益を重ねる損大利小の逆張りというのが

このインジケーターを使った場合の王道的なトレード戦略と言えます。(^^)b

 

ちなみに、ハースト指数はタイムフレームが大きければ大きい(日足以上)ほど

優位性を発揮するインジケーターです。

 

正直、ダイヤモンド・トレンドFXのような5分足のトレンドフォローで

ハーストの優位性を発揮できるかというのはちょっと疑問を感じますねー。

 

 

 

次に、通貨強弱を判断するための単体通貨ですが

これはいわゆる通貨単体のオフラインチャートで

今どの通貨が売られているか、買われているかを

一目で判断できますよーというもの。

 

 

 

一見便利そうに見えますが、表示できるのは2通貨まで。

 

ダイヤモンド・トレンドFXで推奨されている通貨ペアは

全部で7通貨ペアあるので、オフラインチャートで

一つ一つ調べるのはかなり手間かと…。(^^;

 

 

マタフやCurrency Strength Chartの

通貨強弱判断ツールなんかみたいに、

複数の通貨を同時に表示できるものの方が

圧倒的に利便性は高いでしょうね。苦笑

 

⇒【Mataf.net(マタフ)

⇒【Currency Strength Chart

 

どっちも無料で利用できるので、

参考までに色々触ってみてくださいね。

 

 

ダイヤモンド・トレンドFXの評価・感想

 

はっきり言って、買わなくていいんじゃねぇか感が…。苦笑

 

ハーストだって無料インジで転がっていますし

ダイスケ氏のいう単体通貨もマタフなどで十分代用可能です。

 

というか、環境認識ツールは使いやすさや操作性などの違いくらいで

どれもほとんど変わりません。

 

 

環境認識で通貨ペアを選別して、

ハーストでトレンドを判断してエントリー。

 

損小利大のトレンドフォローとしては優位性がありますから、

この戦略は賛同できるところですけど、

やっぱり5分足のデイトレというのが気になりますね。(^^;

 

ハーストの性質を考えると、短いタイムフレームでは

どうしてもダマシの確率が高くなるのではないかと。(^^;

 

 

ダイスケ氏は無裁量で勝てると言ってますが

このツールで無裁量で勝ち続けるのはまず無理でしょう。汗

 

というのも、ダイスケ氏自身がフォワード実績を公開しておらず

ツールの優位性を証明する情報がないから。

 

もっと言えば、無裁量で勝てるなら

最初っからEAで出せばいいじゃん…って話ですし。(-_-メ)

 

 

まぁ、予測計算で換算した運用成績(見込み)で

10年連続20,000pipsなんて謳ってしまうんですから、

最初からツールの期待値は高くないことは一目瞭然なんですが。苦笑

 

そう考えるとわざわざ買う必要ねぇ~っていうのが

お分かり頂けるかなと思います。

 

 

ダイヤモンド・トレンドFX・総合評価

【今井の評価 ⇒ -点/楠の評価 ⇒ 30点/吉村の評価 ⇒ -点

ダイヤモンド・トレンドFX

【総合評価】…“注意商材

 

突っ込みどころ満載なレターに

説得力のない謳い文句と希望的観測としか言えない運用実績。(-_-メ)

 

まぁ、この時点でダイヤモンド・トレンドFXには

期待できないということが分かると思います。

 

 

というか、ダイスケ氏は年間1億円プレーヤーとのことですが

それだけの実力があるトレーダーなら

今回のようなレターでは手法やツールの優位性を

証明するには無理があるということくらいわかるはずです。(^^;

 

どっちにしても、この手の手法で運用したいのであれば

フリーインジのハーストと、無料の環境認識ツールを使って

自分で検証を行いながら勉強していったほうが

時間とお金の節約になるんじゃなかと思いますね。

 

 

ということで、ダイヤモンド・トレンドFXは

注意商材と評価しておきたいと思います。

 

 

今回の検証は以上になります。

 

私が検証する商材以外にも気になるものがありましたら

リクエストして頂ければと思います。

 

■商材検証リクエストはコチラ

【お問合せフォーム】

 

本日はありがとうございました。

 

また、当検証ブログでは〝投資商材&証券会社〟に関する最新情報

トレンドのFX攻略ノウハウ、オリジナル市場攻略必勝法などのニュースを

無料メールマガジンで定期配信させて頂いております。

 

最新の市場情報を入手し、トレードに活用して頂ければと思っておりますので

メルマガの購読をご希望される場合は以下のバナーをクリックし、

メルマガ登録フォームからご登録下さい。

メールマガジン登録フォーム

 

 

商材情報

ダイヤモンド・トレンドFX

・商材名:ダイヤモンド・トレンドFX

・販売者:クロスリテイリング株式会社 松野有希 ダイスケ

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:49,800円

関連記事

 

■評価・カテゴリー

推薦商材

優良商材

要検証商材

注意商材

要注意商材

 

■商材購入相談はコチラ

【お問い合わせフォーム】

FX【商材検証】

商材情報

【-投資業界 完全生き残り宣言-】

・商材名:【-投資業界 完全生き残り宣言-】

・販売者:合同会社LLCS 竹内俊明

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:無料

【-投資業界 完全生き残り宣言-】とは

 

今回検証するのは、合同会社LLCS発行

竹内俊明氏による無料のICO案件情報提供オファー、

【-投資業界 完全生き残り宣言-】です。

 

 

 【特徴1】元SMBC日興証券 講師

 【特徴2】完全無料での情報提供

 【特徴3】今、最も手堅いICO案件を公開

 【特徴4】1度限りのスペシャル企画

 

 

本日は吉村がレビューを担当していきます。

 

 

仮想通貨バブルと言われる現在、様々なコインが登場し

その市場は確実に拡大していると同時に

世界的に仮想通貨に対する“信用”は確かな物になってきています。

 

特にここ最近の国内の仮想通貨ニュースでいうと

タレントのGacktさんが仮想通貨市場へ参入し

実業家として本名(大城ガクト)を公開したことなどが

話題となっていますね。

 

 

Gacktさんが参画している仮想通貨事業は

大型のICO案件「SPINDLE(スピンドル)」というもので

通称“ガクトコイン”などとも呼ばれています。

 

SPINDLE(スピンドル)のブロックチェーンはERC-20を使用しており

イーサリアムで購入することができます。

 

 

また、今月1日にはBitcoin.comの代表ロジャー・バー氏や

AppBankのマックスむらい氏などがゲスト参加する予定だった

Gacktさん主催の大型カンファレンスが延期になるなど、

いい意味でも悪い意味でも注目を集めていましたね。

 

現在はGacktさんのICO案件については

ネットニュースやブログ、SNS等で様々な情報が出回っていますが

比較的、SPINDLE(スピンドル)を危険視する意見や

否定的な意見が多いように思います。

 

 

確かに、Gacktさんとプロジェクトを進めている

プロジェクトメンバーの経歴や、

SPINDLE(スピンドル)自体の今後の利益性などを考えると

否定派の意見もわからなくもありませんが、

私個人としてはまだどちらとも断定できないのではないか?

というのが正直な意見です。

 

 

SPINDLE(スピンドル)の場合はGacktさんが参画している

という理由から、ここ最近のICOの中では得に注目されていますし

注目されているからこそ、否定的な意見も多く出てくる

というのは自然なことなのかなの。

 

実際、現在は大小を含めて月単位でみても

数百ほどの新しい仮想通貨が登場しています。

 

しかし、その9割ほどはスキャムコイン、

つまり詐欺通貨と言われており

新規ICOで本当に安心して信用できるコインを見つけるのは

なかなか難しいのが事実です。

 

 

そして、新規ICO情報などはネット上で高額で提供されていたり、

中には無料で提供されているものなどがありますが、

残念ながらそういった情報の多くは

既に旬を過ぎており使い物にならなくなってしまった情報か、

明らかに初心者を狙った詐欺案件であることがほとんどです。

 

本日、記事で取り上げる【-投資業界 完全生き残り宣言-】も

最新のICO案件情報を提供する無料オファーということで

早くも注目を集めているようですが、

 

それと同時に信用していいのだろうか?と勘ぐっている方も

少なくはないのではないかと思いますので、

以下より今回の無料オファーの信用度を検証していきたいと思います。

 

 

情報提供者、竹内俊明氏の経歴について

 

【-投資業界 完全生き残り宣言-】の情報提供者、竹内俊明氏は

元SMBC日興証券 資産運用コンサルタント

という経歴をもつ元証券マンとのことです。

 

無料オファーページでは彼のプロフィールが掲載されており

実際に顔出しもしている点は好印象ですね。

 

 

 案内人 -プロフィール-

 竹内俊明

 

 大学卒業後、大手証券会社である

 日興コーディアル証券株式会社

 (現・SMBC日興証券株式会社)に入社し、

 富裕層や中小企業に対する資産運用コンサルタントを経験。

 

 その後、一旦金融業界を離れ、

 複数社で営業・営業企画業務を経験しつつ、

 資産運用に関して、専門知識の習得を継続、

 自身の投資も積極的に行う。

 特に仮想通貨に関しては早くから目を付け、資産構築に成功する。

 

 一定の資産構築に成功したことで、

 今後は証券会社での経験、自身の投資経験を基に、

 より多くの人に投資の必要性を伝えたいと考え、

 投資教育分野で独立。

 

 現在は前述の投資教育に注力しながら、

 法人・個人への投資アドバイス、IT企業へも出資、

 ボードメンバーとして参画。

 

 仮想通貨分野が専門ではあるが、

 金融商品全般に関しても精通している。

 

 その幅広い人脈から、投資仲間より今回の企画立ち上げを薦められ

 元大手証券会社勤務という看板を背負いプロジェクト始動を決断。

 

 ※【-投資業界 完全生き残り宣言-】レターより引用

 

 

 

このように竹内俊明氏はこれだけの経歴を持っており、

金融業界内でも太い人脈のある人物であることがわかりますが、

そんな竹内俊明氏が

 

“今手を出すべきICO案件”

 

を無料提供してくれるというのが今回のオファーの全貌です。

 

 

先ほどもお話しましたが、新規ICOの場合

事業者や情報提供者の素性が不明であったり、

信ぴょう性が低い案件が非常に多い中で

 

竹内俊明氏のように信頼度の高い経歴を持っている人物による

ICO案件の紹介となれば、期待値が高まることは

言うまでもないかと思います。

 

 

【-投資業界 完全生き残り宣言-】の評価・感想

 

今回の【-投資業界 完全生き残り宣言-】、

現時点での正直な感想でいえば

 

“参加しておいて損はない”

 

というのが私の見解です。

 

 

私が今回のオファーをおすすめする理由は

 

・竹内俊明氏の経歴と信用度の高さ

・無料で情報を入手できる

 

という点にあります。

 

 

くどいようですが、こういったICO案件情報の多くは

信用度の低いものが多く、事業者や情報提供者の素性が

不透明なものが少なくありません。

 

それでいて、情報提供料は数万円~数十万円と

高額に取引されているのが現状です。

 

 

特に日本国内で出回るICO案件の場合は

その大半がスキャム(詐欺)案件であることが多く、

わざわざ高額で情報を入手したにも関わらず

肝心の投資でも損をしてしまうことになります。

 

一攫千金を狙うことができるという理由から

多くのトレーダーが仮想通貨投資へ参入している中で

投資リテラシーの低い初心者が食いモノにされている

という実情を考えれば、

 

竹内俊明氏のように確かな経歴を持っており

しっかりと素性も明らかにし、顔出しまで行なっている

情報提供者によるICO案件はまだまだ多くはありません。

 

 

そういった意味でも、今回の無料オファーに

参加しない理由はありません。

 

 

ちなみに、竹内俊明氏からの情報提供を利用するには

情報を受けとるためのメールアドレスを登録するだけです。

 

アドレスの無料登録を行なえば、あとはそのアドレスへ

竹内俊明氏からの情報が配信されてくるという仕組みです。

 

アドレスの登録に不安があるという人は、

ヤフーやグーグルなどのフリーアドレスを取得して

捨てアドレスとして登録するのも手でしょう。

 

 

さらに言えば、その後配信されくるICO情報に関しては

確実に参加しなければいけない

というわけではありませんから、

 

まずは一旦、無料で情報を受け取るだけ受け取り

竹内俊明氏推奨のICOへ参加するかどうかに関しては

後々、精査して判断すればいいわけですからね。

 

 

金融業界へ精通している人物から

ノーリスクで最新の情報を得られると考えれば

私が“参加しておいて損はない”という理由も

理解して頂けるかと思います。

 

 

【-投資業界 完全生き残り宣言-】・総合評価

 

【今井の評価 ⇒ -点/楠の評価 ⇒ -点/吉村の評価 ⇒ 70点

【-投資業界 完全生き残り宣言-】

【総合評価】…“優良商材

 

無料ページにも掲載されていますが、

今回のオファーの公開は“1度きり”とのことです。

 

この無料情報提供期間は

具体的にいつまでなのかはわかりませんが、

ICO案件は“新鮮さが命”ですから

情報の入手が早ければ早いほど今後有利になってきます。

 

 

つまり、参加するなら

早めに参加してしまったほうがいいというわけです。

 

まぁ、先ほども話しましたが、

【-投資業界 完全生き残り宣言-】はアドレスを登録するだけで

無料で情報を入手できるわけですから、

無料登録するかどうかをそこまで悩むという人は

ほとんどいないと思います。

 

竹内俊明氏の信用度を考えれば

利益性の高い情報を得られる可能性は

非常に高いと予想することができますし、

少しでも気になるなら早め早めの内に

登録しておくことをおすすめしますね。

 

 

ということで、【-投資業界 完全生き残り宣言-】は

優良商材と評価しておきたいと思います。

 

 

今回の検証は以上になります。

 

私が検証する商材以外にも気になるものがありましたら

リクエストして頂ければと思います。

 

■商材検証リクエストはコチラ

【お問合せフォーム】

 

本日はありがとうございました。

 

また、当検証ブログでは〝投資商材&証券会社〟に関する最新情報

トレンドのFX攻略ノウハウ、オリジナル市場攻略必勝法などのニュースを

無料メールマガジンで定期配信させて頂いております。

 

最新の市場情報を入手し、トレードに活用して頂ければと思っておりますので

メルマガの購読をご希望される場合は以下のバナーをクリックし、

メルマガ登録フォームからご登録下さい。

メールマガジン登録フォーム

 

 

商材情報

【-投資業界 完全生き残り宣言-】

・商材名:【-投資業界 完全生き残り宣言-】

・販売者:合同会社LLCS 竹内俊明

・販売ページ:詳細はこちらから

・返金保証:無し

・販売価格:無料

関連記事

 

■評価・カテゴリー

推薦商材

優良商材

要検証商材

注意商材

要注意商材

 

■商材購入相談はコチラ

【お問い合わせフォーム】

仮想通貨投資【商材検証】

求人情報サイト